ネットギャンブルの先進国でもあるアメリカ

ネットギャンブルの先進国でもあるアメリカ

いくら日本語対応をしているからといってオンラインカジノの場合は、日本での運営を禁止されているので国内での運営は行っておらず、外国のオンラインカジノを許可している国で運営を行っていて、日本語サポートスタッフもすべて外国の拠点からしています。そんな、日本からwebを通じてオンラインカジノにアクセスしプレイをする事は、国内にプレイヤーと胴元が居なければ法律違反とみなされないといった日本の法律では罰することができないのです。

当然、オンラインカジノをこれから始めてみようかと思われている方にすれば確認しておかないと、犯罪を知らず知らずのうちに犯してしまっているなんてことになると大変ですからね。なんで、そんな隴門戟乂なものになってしまっているかと言うと、プレイヤーと胴元が国内に居なければ日本の法律にある賭博罪や富くじ罪という法律は、法律違反とみなされないものになってるからなのです。

先に結論から言いますと、日本で日本人プレイヤーが国外のオンラインカジノにネットを通じて現在のところアクセスしてカジノゲームをプレーすることは結果的に違法とも合法ともいえないグレーの状態です。過去に実際に、日本でオンラインカジノをプレーして摘発された例は一件もありませんし、オンラインカジノに参加したプレイヤーが逮捕をされた例はネットギャンブルの先進国でもあるアメリカでも存在をしないのです。

また、オンラインカジノを運営するには許可をしてる国の政府から海外でもライセンスを発行してもらう必要があり、違法性がオンラインカジノの運営をするにあたってないと認められないと運営する事すら出来ないようになっているのです。グレーというと響きが悪くなってしまいその結果イメージダウンになるかもしれませんが、「問題なくプレイし換金することが出来るのは取り締まる法律がないから」という風に単純に解釈をして頂くと問題がプレイをするのにないと理解するのではないでしょうか。

法律で賭博法というものが存在するので、ギャンブル大国と呼ばれている我が国、日本にはオンラインカジノについても「実際のところは違法じゃないの?」と思われる方も当たり前の様に多額のではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ