年々許可している国は増えています

年々許可している国は増えています

オンラインカジノのゲームソフトウェアがこのライセンスにより、ライセンスを取った国のサーバーに設置され、誰がプレイをしてもウェブを使って合法的なカジノとして、プレイできるのです。ですが、プレーを正式に許可をしている法律もありません。

個人がオンラインカジノでプレイすることを世界では、法律で正式に許可をしてる国が80カ国以上有り、年々許可してる国は増えてます。このライセンスをオンラインカジノ運営社が取得をするには、峻烈審査や検査を受ける必要があります。

例外として、オンラインカジノへの入金を決済会社に対し、とりあつかってはいけないという法律をつくっている国はあります。プレイをしてはならないという法律もありませんしオンラインカジノへの入金を規制する法律もありません。

世界各国や地域の政府からダイレクト発行された許可証(ライセンス)を持ってオンラインカジノサイトは、合法的に運営されています。正式にオンラインカジノを許可して、運営会社に税金の徴収を行うという方向に世界中政府の傾向として、むかっています。

日本は、オンラインカジノに関係する具体的な法律が現在おおくの国と同様でない状態デス。反対に、明確に「オンラインカジノをプレイしてはいけない」という法律を作っている国は全く御座いません。

こういった法律がなくて、合法的な運営側が運営許可を持っている以上、法的にプレイをする事が問題があると言うことはできません。ですけど、個人を取り締まる法律ではこれはありませんので、ギャンブルを全面的として国として非合法としている国でない限り、プレイヤー個人を摘発する事は出来ません。

自国のプレイヤーが安心してプレイできるオンラインカジノを政府が提供するという方向を選んでいる、スウェーデン、カナダのブリティッシュコロンビア州、フィンランド、フィリピンなどなど、経済の発展にも繋げています。また、直接国の政府が運営するオンラインカジノもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ