無数にいるギャンブラー相手に対応出来ない

無数にいるギャンブラー相手に対応出来ない

パチンコ屋とか場外競馬場の外で税務署の局員が待ち伏せしていて、確かに、確認作業をひとりひとりにするなんてことはイメージすら出来ないですし、本人が自ら納税を行わない限りやりようがないんでしょうけどネwしかしながら、インターネットを使ったギャンブルという特性上、オンラインカジノは現金で直接的に受け取るわけではありませんので決済サービスなり小切手なりと、受け取ったという証拠がどこかに残ってしまうわけですから納税が必要になってきます。オンラインカジノはやったことないが日本国内にあるギャンブルはやった事があるという人でも、ギャンブルであまり勝ったときにかかってくる税金については知らない人が一方ならぬのではありませんのでしょうか?それを知ってか知らずか、丁寧に利益を計算して納税をわざわざする人はいませんし、いつも税務署としても蜥弱aぶりがないとう現在の状況が続いているというわけです。

なぜそれでは、パチンコやパチスロ・競馬や競艇などといったギャンブルで税金を納めてないのかといった疑問が湧いてくるかと思うのですが、納税のルールに従って本来なら税金を支払わなくてはならないのですが、勝ったお金を個人が現金で受け取ることになるので、それらの国内で行えるギャンブルの大部分が、どれだけ利益が出たとか証拠がなく、税務署も星の数ほどにいるギャンブラーの相手に対応のしようがないというわけなのデス。国内で行えるパチンコやパチスロ・競馬や競艇などをはじめとするギャンブルでも、勝った喜びで忘れてしまいがちではあるのですが、ある一定額の利益を超えた場合には実は、税金を払わないといけないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ